島で送るヲタバー店主の日々

旧「島で送る(酒と)ヲタとバイク+ランな日々」です。気が付きゃ店主になってましたw

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レミーマルタンVSOP

2015.09.07 (Mon)
島でも買える洋酒49本目。
今回は『レミーマルタンVSOP』です。
(今まで出てきた『島でも買える洋酒』はこちらへ。)

remy_martin_vso p
49本目にして初のブランデー!だいぶん前から買いたかったんですが、
ようやく買うことができました!


・・・

今回は、初の登場となるブランデーです。
実際島でも、ちょっと有名なブランデーならまぁ買えはするんです。
がね、ウチの財布事情やら財布事情やら財布やら…
ですが、まぁそこは奮発して買っちゃいました!!

そこで何でレミーなのかと言われれば・・・あれですよ東方
レミーと聞いてレミィと思い浮かべるバカですので仕方ない。
もし同志がいたら盃を酌み交わしたいものですw

・・・

閑話休題。

では改めて、ブランデーとレミーマルタンについて。

ブランデーというのは、ざっくり言うとブドウを原料とした蒸留酒。
ブドウを使った醸造酒だとワインですので、ワインを蒸留したもの、
と自分は思っていました。
そこで、改めてブランデーについて調べてみましたところ、以下の
ようなことが書かれておりました。
 ・ブランデーというのは、果実を原料とした蒸留酒の総称。
 ・語源がvin brûlé(ヴァン・ブリュレ=焼いたワイン)からきている。
果実が原料ということで、リンゴやサクランボのブランデーも確かに
ありますもんね。ただ、その中でもブドウが原料のものをわざわざ
「グレープブランデー」と言わないのは、語源があるからなんですね。

・・・

で、今回紹介のレミーマルタンですが、このブランドはブランデーの
メーカーでも特に有名な会社の一つです。ウチの島でも買えるぐらい
ですからねw この会社は他にも酒類販売でも有名で、世界屈指の
売上を誇ります。(レミーコアントローという会社です。)

実際飲んでみたのが、レミーマルタンのVSOPというグレードなんですが、
ブランデーはいくつかグレードがあるようです。
 ・1つ星
 ・3つ星 (コント2以上)
 ・VO→very old
 ・VSO→very superior old
 ・VSOP→very superior old pale (コント4以上)
 ・XO→extra old (コント6以上)など。 
(他にもいくつかグレードがあるようです。ナポレオンなど。)
グレードは下に行くほど高いものみたいです。これは熟成の年数によって
決まるそうで、その期間の単位を「コント」というものを使います。が、これ、
ちょっと面倒な起算の仕方みたいなので・・・
ウチの島で見かけるもの的には主にVO、VSOPが多い気がしますね。
サントリーのブランデーならXOもあったりします。
逆に1つ星や3つ星ってのは見たことないですね。ってことで、もしどこか
置いてくれたら物珍しさに買ってしまうでしょうね。置いてくれないかな~?

・・・

て訳で、飲んでみましたレミーマルタンVSOP。
とにもかくにも最初はストレートから。というか、ブランデーは常温ストレート
で飲むのが基本みたいなので何も問題なし!
一口、ますはきゅっと行ってますと、ノドが焼ける感じがします。度数自体は
40度なのでそれなりにやっぱきますね。改めてゆっくり飲んでみると、ブドウ
的な香りはしっかりしますね。でも、それが甘さではなくアルコールの中から
直接来るというか、なんというか。ぶっちゃけ味はしません。が、しっかりした
香りのあるお陰?ですごく美味しく感じました。

チェイサーでのどを慣らしつつ次へ。

先日、ウチの島で『フィーバーツリートニックウォーター』が売ってあってですね!
こんなもの一体誰が仕入れたのだ、けしからん!だが、ありがとう!・・・などと
思いながらまとめ買いしてしまったので、これを割り材に使ってみます。
日本ではあまり聞きませんが。アメリカなんかでは一般的な飲み方らしいですね。
ということもあって、ちょっと期待しつつ飲んでみました。
・・・まぁ、何というか、はっきり言って美味しくはなかったです。このトニックのウリ、
苦みがブランデーの香りを邪魔しちゃってまして。お互い単体ならいい仕事をする
ものなんですが、あわせちゃいけないものだったようです。

今のところはまだこの飲み方しかしてないです。ただ、レミーマルタンVSOPは、
今まで飲んだことのあるブランデー(主にサントリーのやつ)とはやっぱ違います。
サントリーのがまずいとかではなく、明らかに違いがあるのはやはり香りです。
この香りを生かす飲み方・・・お湯割り、ホットミルク割りとかかな?もそのうち
したいなと思います。また、ブランデーグラスをわざわざ買ってみてもいいかも。
今回は、というかウチのコップが湯飲みなので、レミーも例外なく湯飲みでもって
頂きましたw

・・・

久しぶりの、島でも買える洋酒でした。内容の割りに長くなりました。もうちょっと
書いてもよかったんですが、その辺(コニャックとかアルマニャックについてなど)
次にブランデーを買ったときに書きたいと思います。

・・・

実はまた別のお酒がストックされました。先月は島の洋酒について書けなかった
こともあるので、今月はダブルヘッダーで書きたいと思います。・・・思います!

ではでは~ノシ

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。