FC2ブログ

島で送るオタバー店主の日々

おかげ様で、三尾野の店舗から武家屋敷への移転も完了しました。

組立て(ソフト編②-1)

2012.05.24 (Thu)
きっかけ→こちら パーツ紹介→こちら 組立て(ハード)→こちら 組立て(ソフト編①)→こちら


・・・

OSインスコ、UIまわりの設定は終わり、次は実務(?)的なところの組立てです!
(つっても、ウチのPCがやる実務はゲームか動画再生が主なんですけどね☆)

という訳で、まずは旧PCでやってたゲームが出来る環境を再現していきます!

・・・

改めて・・・
②ゲームが出来る環境を再現する。

ウチでやるゲームといってもネトゲとかは全くやりません。
何やんのかといえば、東方シリーズKey関連のソフト。
あとは・・・色々雑多にありますが、主に上記2種です。

なので、先に東方の方からやっつけていきます!

・・・

②-1 東方が出来る環境を整える。


東方は製作時期によってゲームの仕様が違ってます。
古い順に、
 ○紅魔郷・妖々夢・永夜抄(花映塚・文花帖)
 ○風神録・地霊殿・聖蓮船
 ○ダブルスポイラー・妖精大戦争・神霊廟

おおむねこんな感じです。

東方のゲームは基本的に、PCが変わってもデータさえ持っていけば起動可能です。
ただし下二つのグループの分は、DirectXを設定しなおさないといけません。
もうひとつ、一番下のグループのはデータ用フォルダの場所が前のものとは違うので、
旧PCでバックアップしたデータフォルダを新しいPCにコピペする必要があります。
(つまり、前インストールしたデータさえあれば、再インスコは要らないということです。)

それぐらいの設定で、少なくとも、旧PCの時は大丈夫でした。

・・・

(東方のデータは外付けHDDに入れてるので、それを基にしています。)

では、紅魔郷から設定していきます。
まずは起動させてみます。するとこんなエラーが・・・

touhou-error.jpg

ま、最初から起動できるとは思ってなかったんで無問題。
次は妖々夢・永夜抄を起動。そしたら同じく上記画面が。

むむむ、ふざけた文章の癖に結構深刻なことを言ってる気が・・・
読み込めないのがjpg、サウンド、スプライトアニメ。
アニメに至っては壊れてるかもって言われている・・・

まず。
データが壊れている可能性は・・・無くはない。が、低いと思う。
じゃあ、PCの方がそれらのデータを認識してないだけ?

と思って、起動データ(東方紅魔郷.exe)のプロパティを見てみると・・・

touhou-propaty.jpg

こんな項目があったので、チェック入れてから改めて紅魔郷を起動。すると、

touhou-koumakyou.jpg

ちゃんと起動できました!

考えてみれば、OSがWindows7だから、古いソフトの方がOSを認識できてなかったのか!
しかも、前のは32BitのOSで動かしてたし、今のは64bitだしで、そりゃ認識されん罠。

という解決策が分かれば後は早いもんで、妖々夢~文花帖まではさくっと起動確認できました。

・・・

残りの風神録~神霊廟はというと・・・

大した問題も無く、DirectXのインストールだけで終了しました☆

一応手順をば。
DirectXは東方風神録以降のインストールCDに入ってるのでそれでインスコ。
あるいは、ここのサイトから最新版をダウンロードしてからインスコするだけ。

後は、ダブルスポイラー・妖精大戦争・東方神霊廟のデータ用フォルダをコピペして終了!
(Windows7でのデータ用フォルダは、それぞれのゲーム起動後に自動作成されます。
場所は・・・C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\ShanghaiAlice\th○○です。)


風神録が出た頃にはOSはVistaが出ていたので、その辺の互換性はあったということでしょうか。
ただ、Win7でのデータフォルダの場所は、探すのが面倒だった・・・

・・・

比較的簡単そうに書きましたが、この作業、実は1日またいで数時間(詳しく覚えていない)は掛かりました。
紅魔郷のエラーを見て最初に疑ったのはグラボの設定とかだったんで・・・見当違いだったようだ(^^;
あとは、32bitのゲームは64bitでは出来ないのか?と、勝手に絶望したり・・・

とにかく試行錯誤しまくってようやく起動できた時の嬉しさといったら・・・!!!

お陰で、東方シリーズの起動再現は成功です!
(他にも二次創作の東方格闘とかアクションの方も起動できました!)

・・・

これはこれで長くなってしまった・・・
Keyの方はまた別のエントリーに書くとしましょう。

ソフトの再設定は大変だぜ☆
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック